効率的な情報収集をする

効率的な情報収集をするためのコツとは?

 50歳以上の求人ともなると、玉石混合なので、自分が目指す転職を果たすためには、効率的に情報収集することが不可欠です。では、自分の希望にマッチする求人情報を、一つでも多く、手に入れるためには、どうしたらよいのでしょうか。そのコツを、伝授したいと思います。

 まず、50歳以上の求人情報を効率よく収集するためには、複数の媒体を併用するのが原則です。特に転職サイトと転職エージェントは、その両巨頭と言っても過言ではありません。
 
 転職サイトの特徴としては、企業が広告費を払った膨大な求人に、簡単にアクセスできることがあげられます。近年は中高年を対象にした、ハイクラスやエグゼクティブクラスの求人を扱うサービスも増えていますし、自分の希望条件を登録しておけば、自動的にマッチする情報が届くのも魅力です。

 また、自分の経歴をレジュメとして登録しておくと、ワンクリックで応募が完了できたり、企業からのスカウトを待つこともできます。時間を有効活用したい50代には、ピッタリの方法です。

 企業からの個別の求人案件にマッチする人材を紹介する転職エージェントだと、転職サイトではお目にかかれないような優良な求人を紹介してもらえる可能性があります。特に管理職や経営に関わる仕事のニーズがある50代の場合、専任のキャリアコンサルタントとの面談を経て、同業界・同業種だけでなく、キャリアが活かせる異業種の案件を紹介してもらえる可能性もあります。

 もちろん、応募企業のニーズを把握したうえで、応募書類の作成から面接対策まで、きめ細かなサポートを受けることもできます。さらに面接日や年収、入社日の調整など、個人では切り出しにくい要件を、すべてキャリアコンサルタントが行ってくれるのも、心強いはずです。
 
 このほかにも、ハローワークや人材銀行、地元の求人情報誌や業界新聞の求人欄など、求人情報を得る方法はいくつかあります。ですが、キャリアアップや満足度の高い転職を実現したいと思うなら、転職サイトと転職エージェントの併用が、一番効率のよい方法でしょう。
 
 また、キャリアがある50代であれば、自分の人的ネットワークを使った転職活動も行えるはずです。活用できる手段は何でも使って、転職を実現しましょう。