採用担当者が不採用にする理由とは?

採用担当者が不採用にする本当の理由とは?

 近年は、50歳以上を対象とする求人が増えてきています。長い不景気をようやく脱した企業が、手薄になっているロスジェネ世代を育成しつつ、業績アップを狙うには、中高年のスキルとノウハウが不可欠だと評価されているからです。

 ですが、50歳以上のすべての応募者が、希望の転職を実現しているわけではありません。では、採用担当者が中高年を不採用にする本当の理由には、どんなものがあるのでしょうか。

 まず、募集した仕事内容と応募者のキャリアが見合っていないことです。年齢も人件費も高い中高年を採用するからには、それ以上の業績アップが見込めなければ意味がありません。意欲があっても、入社後の実績を担保できる実力がなければ、採用してはもらえません。 

 また、華やかなキャリアがあっても、コミュニケーション能力が低いひとも、企業に敬遠されます。専門スキルの高さだけでは、転職先で同じように成果をあげることができないと、採用担当者はきちんとわかっているからです。

 仕事の成果は応募者個人だけであがったものではなく、企業名やサポートしてくれるメンバーがいたことの結果です。採用担当者の立場にたって、自分を理解してもらうためにコミュニケーションをはかろうとしているかどうかは、採否に大きく影響します。自分が話すことよりも、相手の話を聞く姿勢を大事にするように、意識してみましょう。

不採用になる人の特徴とは?

 50歳以上で不採用になる人の特徴としては、過去の実績をかさにきて、協調性が感じられない、自己主張が強いタイプがあげられるようです。50歳以上ともなると、自分のスタイルが確立されており、過去に大きな実績があることを強調する人も少なくありません。ですが、転職先とはルールもシステムも違う中で、すぐに同じような実績をあげるとは限りませんし、どんなにキャリアやノウハウを持っていても、企業になじむ努力ができない人材は、組織に必要ありません。

 また、過去にマネジメント経験があるからと管理業務を甘く考えることも、企業の採用担当者に敬遠される理由になります。「郷に入りては郷に従え」の言葉通りに、謙虚な気持ちで、周囲と信頼関係を築きながら、プラスの影響を与えられる人材を、企業は求めています。アピールの仕方を間違えて、誤解を受けることがないよう、注意してください。