採用担当者が採用したいと思う人とは?

採用担当者が採用したいと思う人とは?

 企業によって必要としている人材はそれぞれですが、50歳以上の方にはコミュニケーション能力が高い人を求めている傾向があります。50歳ともなれば、それなりのスキルや経験を持っていると思われます。そのため、ずば抜けて能力が高いといった以外には、採用とまではいかない可能性が高いのです。

 しかし、コミュニケーションの力がある人というのは、仕事を通してチーム力を高めたり、部下を育成したりすることができます。50歳以上の方には、管理者として、またはリーダーとして社員の質を高めていき、会社の売上や利益に貢献して欲しいと考えるのです。

 また、50歳で転職ともなると、年下の上司と仕事をするケースも出てきます。そこでコミュニケーションが下手な人だと、お互いに仕事がやりづらいといった環境にもなってしまうのです。

採用されるためにすべきこととは?

 採用されるためには、持っている能力を最大限アピールすることと、熱意を伝えることです。50歳では色々な経験をしてきていますので、当然ながらスキルは企業から求められます。過去の職歴の体験談などを交えてアピールすることが大切です。また、不景気と言われている時代ですので、どこの会社も体力がない状態になっています。

 そのため、やる気を伝えるためには一生懸命頑張りますといったコメントだけではダメです。自分が入社することでどのぐらいの利益を出すことができる、もしくはどれだけ貢献することができるかをアピールする必要があるのです。

 応募者というのは当然入社したくて応募していますので、やる気のみをアピールしてしまいがちですが、アピールには工夫が必要になります。

 具体的に何について貢献できるかを表現するためには、応募企業に関する情報を調べないとわかりませんので、企業のホームページや業界紙などを読み、そこから会社が重要としていること、力を入れていることなどを読み取り、それに関連するアピールをしていきましょう。

 このように、50歳以上で新たに就職をする場合には、これまでの実績は当然ながら必要となりますが、企業はそれよりもどれだけ会社に貢献してくれるかを重要視して人材を選んでいることが多いのです。