求人情報の種類と特徴

求人情報の種類

 50歳以上でも応募可能な求人を探したいと考えているなら、求人情報の種類を知ることから始めるべきでしょう。中高年が求人探しで活用する筆頭と言えば、やはりハローワークです。そして、地元の求人情報誌や新聞の求人欄をチェックするのも一つの方法です。

 ですが、より多くの、条件に合った求人を探そうと思うなら、求人サイトを活用するのがベストでしょう。求人サイトというと、若者を対象にしていると思われがちですが、近年は中高年を対象にしたハイクラスやエグゼクティブな求人を集めたものも増えています。

 また、転職エージェントに登録し、個別に求人を紹介してもらうという方法もあります。こうしたさまざまな求人情報のどれか一つに偏ると、手に入れられる求人が限られますので、複数を併用するのがおすすめです。次章で、それぞれの求人情報媒体の特徴について、まとめてみたいと思います。

その特徴とは?

 では、それぞれの求人情報媒体の特徴を見てみましょう。ハローワークは、地域に根差した求人情報が多く集まっています。ですが、無料で掲載できることもあり、優良な求人が多いとはいえません。また、正社員採用の求人も、さほど多くないのが現状です。地元の求人情報誌や新聞の求人欄は、転居を伴わない求人を探すひとにはおすすめです。ですが、ハローワークと同じように一般職の求人が多く、条件のよい求人は探しにくい傾向が強いです。

 一方の求人サイトは、企業が広告費を払って、サイト内に求人情報を公開してもらうシステムになっています。いまや転職方法の主流となっていますし、中高年が応募できる求人も増加しているので、必ず活用したい情報収集手段の一つです。自分のこれまでの経歴をレジュメとして登録しておくと、興味を持った企業から直接スカウトを求められるサービスもあるので、一石二鳥といえます。

 また、専任のキャリアコンサルタントがつく転職エージェントも、カウンセリングで自分の強みや志向性を理解してもらったうえで、最適と思われる求人を紹介してもらえるので、ミスマッチが少なくなります。応募書類の作成や面接対策だけでなく、給料や入社日の相談もしてもらえるので、中高年には特におすすめです。こうした求人情報媒体を併用し、最適な応募先を探してみてください。