面接前に予行練習をしよう!

面接対策に有利なのは「予行練習」

 中年層になると、面接の予行練習を行う事なく面接に挑む方も多くなってきますが、例え自信があっても面接の予行練習は必ず行うようにしてください。就職事情は日に日に変わり、5年前とでも大きな差が出てきます。年をさかのぼるごとにその差は大きく開いてくるものですから、現代の就職事情を知る為にも、第三者を交えての予行練習がおススメです。

 ちなみに、第三者は家族でも構いませんが、出来るなら求人サイトなどで利用できる「コンサルタント」制度がおススメです。転職や就職に有利な情報を豊富に持っていますから、きっと面接突破の糸口を見つける事が出来るでしょう。公共機関でも実施される講習会等の参加も、大切な面接対策となります。企業の動向や趣旨をしる為にも、求人に関する制度や催しはなるべく参加するようにしましょう!

何がどう変わる?面接対策の賛否について

 面接対策はしなくても良いという方も居れば、必要な事と重要視される方と、人それぞれ。面接対策を行う事で何がどう変わるのでしょうか?

●面接時に気が付けなかった事を知る事が出来る
 面接時の身だしなみは大切な事、面接中には質問にはっきり答え、空白の時間を作らない事…。確かに最低限この2つを守っていれば、面接は滞りなく進める事が出来ます。しかし、1つの求人に対して何十、何百もの応募がある中で、この2つだけを気を付けているだけならその他大勢と一緒、チャンスもなかなか巡ってきません。

 そこで、面接対策が重要になってくるのです。特に第三者と二人三脚で行う対策は特に意味があり、自分が気が付けなかった沢山の事に気が付く事が出来るのです。面接を受ける前には、ぜひ面接対策を!

●求人サイトや公共機関の講習を受ける事で面接突破に繋がる
 各求人サイトでは、無料で利用でき、様々な企業の必要な情報を得る事が出来ます。誌面や公共機関では得られない貴重な情報もありますので、転職・就職活動を行う際はぜひ求人サイトをご利用下さい。

 企業の情報を得るという事は、面接を受ける時にも必要な情報が沢山詰まっています。もしあなたが採用官だった場合、企業についての質問をした時に応えられない人を採用しようと思いますか?例え聞かれなくても、知っていて損な事は一つもありません。企業主催で開かれている講習会に参加する事も面接対策として必要な事。参加履歴があればそれだけ面接時に有利となりますから、気が乗らなくてもこういった下準備は入念に行うようにしましょう。