50歳以上の求人・転職活用ウェブ

1.50歳以上の求人状況

 長い不況を抜けて、景気回復の兆しが見えたこともあり、これまで中高年の中途採用に消極的だった企業でも、募集を開始し始めています。50歳以上の求人数も少しずつ増えてはいますが、40代までと比べると、年齢制限で応募できないものも少なくありません。

 また雇用形態に関しても、正社員として再就職できる求人はさほど多くなく、契約社員や嘱託、パートやアルバイトとしての募集が多いのが現実です。企業側が50歳以上の求人を出すことに躊躇する理由には、上司が年下になるので職場の輪を乱すことを懸念したり、高い人件費がネックになることが多いものです。

 即戦力として、すぐに企業に利益をもたらすルートがあれば別ですが、キャリアだけを評価して採用されるということはほとんどないと考えておく方が無難でしょう。それゆえに50歳以上で再就職先を探す場合、自分の条件に合った求人であるかどうかをしっかり見極める目を持っていることが大切になります。

2.50歳以上ならではの強みもある!

 50歳以上の再就職は簡単なことではありませんが、不可能なことでもありません。若い世代にはない、50歳以上だから持つ強みと、応募企業のニーズがマッチすれば、採用される可能性は十分にあります。では、50歳以上ならではの強みとは、一体なんなのでしょうか。それはバブル期の激務も、長い不況による業績不振も経験していることで得た、さまざまな知識や体験があることです。酸いも甘いもかみ分けた経験が、企業の業績を伸ばすうえで役立つ場面がたくさんあります。

 また、特定の分野でプロフェッショナルとして活躍できる専門知識と、豊富なマネジメント経験は、50歳以上ならではの強みといえるでしょう。業界内の市場動向や最新技術、企業利益に結び付くノウハウが、実績に裏打ちされたものであり、それを後進に伝えることで、組織のレベルアップや活性化が見込めると判断されれば、企業は積極的に採用しようとするものです。

 実際、大手企業からベンチャー企業や新興企業に転職するケースは、50歳以上でも正社員採用の求人が多いものです。会社規模や知名度ではなく、自分のキャリアとスキルを求めてくれる企業に絞って求人を探すのも、一つの方法です。

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
リクナビNEXTにしか載っていない求人が約85%あります。
利用者の声
良かった
50歳以上の求人はないものかと探していたところ、リクナビNEXTがそれを一番掲載してくれていると感じました。実際に、ここを利用して転職に成功しましたから、世の中高年にもっと利用してもらいたいと思っています。求人の他にも読み応えのあるコンテンツもたくさん用意されています。
良かった
全ての求人ではないのですが、一部には、その会社の理念や社風、社員の声などが写真付きで掲載されており、これほどその企業のことが手に取るようにわかるサイトは他にはないのではと感じました。こうしたことから、他の求人の信用性も高いと感じ、転職活動に利用させていただいておりました。
良かった
中高年に対する積極採用を試みる企業も少なくない印象。若い人材を対象とした転職サイトが氾濫する中、リクナビNEXTは幅広い年齢層を対象としているようです。キャリアの終盤を迎えつつある私も、恐らく最後となるであろう職場をリクナビNEXTで選択しました。良い転職に繋がる、そんな期待が持てるサイトです。
普通
利用者が多く、他では出会えない求人が多いとされるリクナビNEXTですが、それでもやはり50歳以上の求人を見つけるのは困難です。もし見つけられたとしても、転職に結びつくのは優秀な人だけでしょう。他より可能性が高いという部分は評価に値しますが、ここだけを頼りに転職を試みるのはリスクが大きい気もします。
普通
リクナビNEXTを利用すれば転職が叶う、そう感じる中高年も多いのでは?私もそうでしたが、そんな簡単なものではないことも次第にわかるでしょう。リクナビNEXTはとても良いサービスを展開してはいますが、中高年専用ではないため、覚悟と計画性を持った上で利用することをおすすめします。